検索
  • tomitaen8

2021年の新茶ができました

更新日:2021年5月23日

お待たせしておりましたが、やっと新茶ができました。


奥久慈茶は北限の産地のため、5月中旬ごろに新茶の販売が始まりますが、今年は異常気象の影響を受け、大幅に遅れてしまっておりましたが、やっと販売が始まりました!


新茶は一番最初に摘んだ新芽が一番柔らかく、甘味があり新茶の爽やかな香りを存分に

お楽しみ頂けます。富田園では『瑞香』という商品ですが、昨年度はパリ日本茶

コンクールで銀賞を受賞いたしました。本年度もそれに負けない上品なお茶ができました。


『瑞香』 茶葉はしっとりとした深い緑の輝きを持ち、色は淡い山吹色の上級茶です。

     (100g 2000円)


そして、もう一つ『竜華』(100g 1500円)

茶葉はしっかりとした緑色で、お茶色もグリーンがやや強くしっかりした味。


香りを楽しむなら『瑞香』ガツンとはっきりしたお味がお好きでしたら『竜華』

がオススメです。どちらも水出しで飲まれても、大変まろやかで

美味しくお飲み頂けます。



























閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

奥久慈茶は日本のお茶の産地としては最北限のため、新茶が始まるのが 九州や静岡から一ヶ月遅れてしまいます。そのため通常茶摘みが行われるのが 5月中旬からで製茶してお手元に届くのが6月上旬になってしまいます。 今年は春から気温が高い日が続いたので例年よりも早く始まるのでは? と予想しておりましたが、連休前から少しまた気温が下がったりして、 やはり例年通りになるかもしれません。 いつもこの時期は天気予報